損をしない住宅ローンおすすめの選び方とは?将来を見据えて考えよう

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

その代わり、月々の返済額は膨らみます。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので一例として110万円以上の援助を受けた時は、10%の税金を支払わなければなりません。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。

参考:住宅ローン審査はどこが通りやすい?金利が安いおすすめの銀行と組み方のコツ

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

将来、自の家を持つ。

というのは憧れるものです。

しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

そこで、現金ですぐに支払いができる。

という感じは、一般市民にはなかなかできません。

じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?簡単な方法としては銀行や信用金庫といったところでしょう。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すればすぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、あといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中では調査によると40%の方が利用しているそうです。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。

申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。

やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

というものではありません。

通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか迷ってしまいますよね。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みは出来ます。

けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込み者全員が通るという事でもないので注意してください。

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですが中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

この仕組みは、家を建てたいけど必要経費が足りない時など間に合わせるために、利用する単発的なローンです。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるため建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

但し、こちらの借入れの場合利息がとても高いので早急に対応できないと、後々支払いが大変になります。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で無理なく続けられる計画作りがとても大切です。

住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方は融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、それほど変わらなかったという事もあります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、これらを総合的に計算してみる必要があります。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行ではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

将来、中古でも新築でも家を購入される場合は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合にこの保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、どんな理由であれ請求されることになります。

万が一何かあっても対処できるように、申請していればお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。

このような理由で、契約を求められるという訳です。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

その理由として一番大きいのがやはり収入面です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入するには住宅ローンを組まないといけません。

住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。

住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。

審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。

契約終了には約3~4カ月かかる事が多いです。

もしも、住宅ローンが残っている段階で離婚する事になったら残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、夫婦としては別れても子供を養う責任があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認し夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。

多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、査定金額よりもローンの方が大きくなってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。

これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。

だいたい、安くても数十万~数百万単位の現金が必要となるでしょう。